夜行バスは
最も安い移動手段

夜行バスの運賃が安いのは間違ないようです。

移動手段というと色々ありますが、夜行バスというのもいいかもしれません。夜行バス安いですし。夜行バス安いとは言っても、選ぶ時には運賃以外のポイントも検討した方がいいとは思います。
例えば、ゆったりとした空間が好きなら3列タイプのようなバスがお勧めです。カーテンで自分の座席を区切ることが出来るので、完全とは言えませんが、個室のような感じにすることは出来ます。
また、快適さを追求するならテレビや無線LANなどが設置されているものがいいかもしれません。今は、凄くグレードの高い夜行バスもあるので、移動に快適さが必要という人でも利用し易くなっているはずです。

 また、上記のような特別タイプではなく普通の運賃の夜行バスでも、基本的にはシートは眠ることを考えた特別製となっていると思います。
ただし、夜行バス安いをウリにしているようなところは観光バスを夜行バスとして使用している場合があるので、そうなるとシートは工夫無しということになる為、眠るということを考えると困るかもしれません。そういう意味でも、運賃だけを考えない方が無難かもしれません。

 それでも、夜行バスというものが安いのは間違いありません。今は飛行機も格安航空などが登場しているので、飛行機全般よりも安いと言ってしまうことは出来ませんが、新幹線や普通の価格の飛行機よりは格段に安く移動出来ると思います。某会社では東京〜大阪が2,500円程度という表示もありました。
尚、この価格というのは各会社はもちろんのこと、時期や出発の時間帯によっても微妙に変わって来るので注意が必要です。

 また、安い運賃をもっと安くする方法もあります。早割、学割などのサービスを利用したり、ポイント制がある会社を利用したりすることです。学割などは誰でも利用出来るというわけではありませんが、○日前までなら安くなるという風な早割などは利用出来るならお得です。
ちなみに、会社ごとに予約の変更時、キャンセル時や払い戻し時の対応が違ったりもしますので、そういうところも比較して選んだ方がいいかもしれません。
あと、余談ですが夜行バスにはトイレがついているタイプとついていないタイプがあり、どちらにしても2〜3時間ごとにサービスエリアなどでの休憩時間があります。後者の場合は、ここでトイレに行っておくということになります。
尚、トイレに時間がかかることが分かっているなら事前に運転手に報告しておけば、ある程度なら待ってくれると思います。